« 思い出の吊り橋 | Main | 画像チェック中 »

思わず起き上がる、強烈な朝日

Rimg1864
Rimg1874Rimg1866Rimg1866_2
カタッ! 小石のはねる音で目を開けた。
と、真ッ赤に光る陽の光が、網膜を突き刺す。

6月27日土曜日5時24分。
梅雨の合間にのぞく太陽は、自らの姿を主張するかのように、勢いよく昇っていた。

あまりに美しいので、寝ぼけ眼のなか、カメラを持ち出し、焦点をあわせる。
が、そんなことは無駄だった。

光の勢いは強烈で、撮ってはみたものの、ただただ、赤く、白く、画面はまだらになり、わたしの腕前では、太陽の姿を写し取ることは無理だった。

とはいえ、眠気を焼かれてしまったため、寝巻きを脱ぎ、服に着替え、屋上へ上がってみた。
早起きは三文の得という。
タイガーをお供に、周りの風景をパシャリ。
Rimg1878
いつも見慣れた光景だが、暮らしから吐き出されるCo2が少ないせいか、早朝の景色は澄んでみえた。

**** まーにゃの戯言 ******

    マイケルの歌声連れて 陽は昇る   笑子

(昨日、マイケル・ジャクソンが亡くなった。シャクティに出会い、踊りを始め、思うように動かぬ足をみつめ、ため息をついていた頃、彼の華麗な歌声とダンスパフォーマンスが世界中を虜にしていた。そんなスーパースターもはや50歳。彼の終焉を聞き、わたしも半世紀、生きているのだなぁと、しみじみ思う。)


Rimg1964Rimg1960
← 早起きし、真夏を思わす太陽の中、荒川を散策したせいか、正午前、睡魔が襲う。
風の道を知っているタイガーのそばに横たわる。スタジオの床がひんやりして気持ちのいいこと! 
お昼に寝るなんてまるで老人ではないか…、寝てはいかんいかん…と思いつつ、案の定、眠りにおちた。
起きたのは、45分後の、12時半。 

****追句

  寝てしまおう太陽のせいだといわぬよに  
      われよりも短き生のまぶしかり     笑子

« 思い出の吊り橋 | Main | 画像チェック中 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 思わず起き上がる、強烈な朝日:

« 思い出の吊り橋 | Main | 画像チェック中 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

Categories

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 舞踊
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

バンバンブログ